FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ハル様考案の一発芸について【会話】

まず、前提として我家の状況。
我家は最近まで「ST」と「ガリレオ」を見ていた。

で、発明当時の状況。
私・テストを受けている。
ルカ・隣で見ている。
ハル・静かにしていた。
アキ・行方不明。

まぁ、ふつうに問題解いてたわけですよ。
そしたら突然私の横のしゃがみこむハル君。
「謎が解けてしまったアァッァァアアアァァ」と叫んだのち
黒板へダッシュ。
よくわからない数式を書き殴り、一呼吸おいて振り返り
ガリレオの湯川先生の決めポーズをして、一言。
「さっぱりわからない」
最後にダッシュでダイブ界に駆け込んでいきました。

私( ゚Д゚)ポカーン
ルカ( ゚Д゚)ポカーン

ある:弁明を求む
ハル:面白かったでしょ?
ルカ:いや...面白かったですけど!!
ハル:でしょ?でしょ?
ある:テスト中ですし。
ハル:テスト中で緊張してるだろうしさ!!
ハル:こう...なんていうの?緊張をほぐしてあげようとさ~
ルカ:完全に逆効果ですよww
ハル:二人ともポカーンとしてなかったじゃんww笑ってたじゃんwww
ある:ルカは笑ってなかったよ?www
ハル:む~(´・ω・`)
ある:そして最後居なくなるって言うねwww
ルカ:当然のようにお昼ご飯に戻ってくる精神力wwww
ハル:お弁当おいしかったね(*´▽`*)
ある:限りなくどうでもいいよな、その話。
ルカ:あれもう一回、兄さんの前でやってきてくださいよwww
ある:あー、なんかネタを理解してくれなさそうだよね。
ハル:あいつST見てたっけ?
ある:ガリレオは一緒に見てたけどな~
ルカ:まぁ後日ということで。
ある:できれば、二人きりの時にやって欲しいw
ある:あと、加藤先生にも仕掛けてほしいなwww
ハル:たぶん、アイツ笑い転げると思うwwww
ある:想像できるようなできないような。
ルカ:あの人、ハルさんの前だとリミッター外れますよねwww
ある:それなwwww

後日その様子を報告していただきます。
スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけ表示を許可する

comment

 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。